まだまだトランプ相場

こんばんは


為替

今週は、またまたトランプ相場勃発です。
突如米中貿易協議のただかな25%の関税アップを発表したのです。
これに伴いNYダウ、日系平均が急落とあいなりドル円も109円台半ばに押し戻されております。




5月は本邦株価にそれほどの期待はしておりませんが、急冷えのトランプ相場にもかかわらず、YAHOOとオリックス株はよく耐えていると感じます。
特に、YHAOOは決算結果がそれほどよくなかったにもかかわらず、下支えして反転上昇する局面もありました。
一方中国株では、東風汽車が一転急落とあいなりましたので、若干のナンピンを行いました。


その他

米中貿易紛争は、本邦のマスコミが中国派か米国派かよく理解できます。
特に朝日は露骨な中国派であることが新聞見出しでもわかります。
「米国いきなりの関税引き上げ宣告!中国は冷静に協議続行をすすめる!関税では何も解決しない!」
このメディアは新華社通信ですか?とうたがうばかり・・・・。元々技術移転を強制する中国への改善を中心に
議論がなされ、数か月前に中国側から了承をへた話を蒸し返したのは、sの冷静な中国なのですが・・・。
朝日さんは忘れてしまったのか?????
本当の見出しは「中国いきなりの技術略奪強制宣言!米国は冷静に関税引き上げで対抗!議論と見せかけた偽りの協議では何も解決しない!」
まあ、こう言ったメディアが存在している日本はまだまだ自由の国なのかもしれません。

画像は黒胡麻担々麵です

画像


Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】
Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0