テーマ:

中国全体主義的官僚制機構とは

おはようございます 為替 今週の為替は、ドル安がいよいよ本格的になったという状況でした。 週初めにはドル円が106円を切った円高に、ユーロ円が1.17に急伸、スイスフラン・ドルが0.93を切るドル安と、各国通貨で軒並みドル安が進行しております。 そして日毎にその現象はすすみいよいよドル円が104円台に突入、ユーロドル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑な人へのかかわり方

おはようございます 為替 今週の為替は若干動きがありました。 といってもクロス円ではなくユーロ円です。 今週に入ってユーロ円が1.14に定着している時間が長くなりました。 このままいけば、数か月ぶりの1.15を超えた取引に突入するのではと予想された中、ヨーロッパにおいてコロナ関係での支援基金についての各国の合意とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しらんけど(SHIRANKEDOOOO♪)

おはようございます 為替 今週の為替も狭いレンジでの取引に終始した一週間でした。 この状況はしばらく続いておりますが、そろそろ動いてもらわないと困るというい方も多いのかもしれません。 個人的には、世界の景況感が停滞する中で、中国や資源価格に左右されがちな豪ドルが現在の価格を維持していることに驚いている状況です。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後の目標について

おはようございます 為替 今週の為替は、狭いレンジ相場が続くのでは?と予感される始まりを見せましたが、・・・そのままでした。 ドル円が106~107円、ユーロ円が119~121円、豪ドル円が73~74円と中々のガチガチのレンジでしたが、・・・そのままでした~~~。 ただ、なんとなくコロナ感染者数が増加傾向にある南北ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北南朝鮮の関係

おはようございます 為替 今週の為替は、週の前半は先週半ば以降の上昇疲れからの下落の流れが継続する形で進行いたしました。 ドル円は107、ユーロ円は120円、豪ドル円は73円でのレートが継続しております。 特に豪ドルは注目で70円を割らない形で時間が経過すると、ここにひとつの指標ができるとのではと感じます。 個人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック相場とその転換点

おはようございます 為替 今週の為替は、先週の流れを引き継ぐ形で、ドル円は107円台後半で開始されました。 また目を引くのは、ドルユーロが1.1を大きく超えて、ユーロ高になっており、ユーロ円も120円台を軽く超えてきました!! 豪ドルは、さらにすごく週末にかけて75円を余裕でこえる勢いでした。 この状況は、コロナに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHOの不正の本質

おはようございます 為替 今週の為替は、週初めにでてきたアメリカでのワクチン開発のニュースに市場が好感、為替は円安、ドル安のリスクオフの状態で開始されました。 ユーロ円は一日で1円近くユーロ高へと進みました。 その後は一進一退の展開が続いております。 しかしこのような状況の中、頑張っているのがオーストラリアドル!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

副業の選び方

おはようございます 為替 先週の雇用統計の結果を受けドル円は若干の円安になりました。 これは、株高に起因するものかもしれませんが、今回のコロナパニックによる市場の悪化ぶりを数値で明らかにされることにより、それまでの急落が一旦は収まった事が原因かもしれません。 今後は脱コロナへ向かっていく流れでの市場への反応がインパク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原油パニックについての考察

おはようございます 為替 今週の相場は、経済統計に振り回される相場でした。 民間雇用統計予想により歴史的景況感の悪化に伴いユーロが対日115円の壁を割って下落、対ドルでも1.075ドル近くに下落しました。 その後発表された雇用統計によると米国新規失業者件数は2,050万人に急上昇!!!失業率も14%と戦後最高値を更新いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続!コロナパニック後の日本

おはようございます 為替 今週の相場は、円高?むしろドル安・ユーロ安が進んだ感じがいたします。 ドルが、106円台に上昇、ユーロもこれに合わせてクロス円では115円台に突入いたしました。(私の記憶では数年ぶりだったかと・・・・) この流れは、原油安に大きく影響されたものだと思われますので、しばらくは続くかもしれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナパニック後の日本

おはようございます 為替 今週の相場は、若干の円高気配ではありましたが引き続き107円から109円台のレンジ内での動きに終始して始まりました。 しかし、原油相場が各国の減産声明発表後も上昇トレンドに乗り切れずに30ドル台を抜けてこない現状をみていると、ドルへの需要局面はさほど変わっていないかに想像されます。 結果的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狭いレンジ相場

こんにちは 完全な言い訳ですが、準備していた記事が消えてしまっていて(更新時のミスかも)、今回高速で書いていますので内容があらあらです。 スミマセン あとその他で予告していた「在宅ワークの先の未来は」の続編は、次回にいたします すみません 為替 為替は中々うごいておりません。ドル円が若干の円高に進行いたしましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅ワークの先の未来は?

おはようございます 為替 今週の相場は、108円から109円とドル高に急伸いたしました。 それ以降は、予測されたとおりしばらくのレンジ相場が形成されつつあります。 ただ、このレンジ相場はそれほど長期間続くものとして予測はしておりませんので、投資をされている方々は、次の波への対策が必要かもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニックの本質

こんばんは 為替 今週の相場は、一旦のドル高から一転111円→107円と円高、ドル安相場に転換されたことがハッキリしたところから始まりました。 やはりドルキャッシュのだぶつきが見られる状況になっているようです。 ただ、その後この動きは遅々として進まず、いわゆるレンジ相場に突入した感がいなめません。 また、週の後半に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅ワークの一般化について

おはようございます 為替 今週の相場は、先々週に一応の底を売った相場が一旦半値戻した状況で(通貨によってまちまちですが)その後2番底を試すのか?、はたまた最大の下落数値で踏みとどまるのかが一つの注目ポイントとなった一週間でした。 月曜日には、若干の下落で市場は始まり、特にドルストレートは、ドル独歩高圏にて維持されており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長期金利の変動によるパニック相場について

おはようございます 為替 今週の相場もコロナウィルスの拡大状況による影響を世界中がもろにかぶった感じで進行いたしました。(先週と完コピ) 先週の週末におけるFRBによる緊急利下げ発表によって、ドルが急反発し108円台に突入して終了したことをうけ、週頭には若干の修正が入りました。 ドル円が106円台に反落、その後もみ合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウジアラビアとロシアの対立(?)によるオイルパニックについて

おはようございます 為替 今週の相場もコロナウィルスの拡大状況による影響を世界中がもろにかぶった感じで進行いたしました。(先週と完コピ) 週頭には、ドル円がなんと101円台をたたきだしました。それにつられ各国通貨も対円で下落、特に米国と密接なカナダは80円台を大きく割ってしまいました。 WHOが何と言おうと経済にだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナウィルス問題2における現在の日本の状況

おはようございます 為替 今週の相場もコロナウィルスの拡大状況による影響を世界中がもろにかぶった感じで進行いたしました。 週頭には、ドル円が107円台、ユーロが118円、ポンドがなんと137円台と急落の一途となって始まりました。 なんだか、リーマンショックの時の悪夢を思い出してしまいました。 ただ、その後底割れを試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナウィルス問題における現在の日本の状況

こんばんは 為替 今週の相場は、やはりコロナウィルス関係に終始いたしました。 先週にコロナウィルスによる日本に対する影響大と判断した投資家たちは、続々と円を売りついには112円台まで価格を下げさせました。 しかし週末にかけて、とうとうアメリカでの感染拡大も露呈しつつなる状況に、週後半にかけじわじわと値が戻り107円台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金の仕組みについて(1)

おはようございます 為替 今週の相場も、軒並み大幅な変動がない状態での開始となりました。 週の前半、ドル円は109~110円近辺での上値狙いの攻防、ユーロ円が118円台への下落、ポンド円143円台と中々落ちない状況は、先週とあまり環境が変わっていません。 しかし、木曜にはついに111円台に、金曜日には112円台に突入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲食店で事業を続けいていく事の難しさ

おはようございます 為替 今週の相場は、軒並み変動しない状態で開始されました。先週の雇用統計の良結果から円安相場への期待が高まっていましたが新型肺炎の問題からか、上値は抑えられた状態でした。 クロス円も、こぞって変動が少ない状態で、40年以上前の固定相場制の時代のような静けさでした。 ただ、このような動きが小さい状況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続新型肺炎ウィルス関連

おはようございます 為替 今週は、新型肺炎コロナウィルスの影響もあり、ドル円が108円台からのスタート、ユーロは若干戻して120円台にのせてきました。 今後、ドル円の陰線108.20円を割り込むかどうかが、短期的な相場の方向性を占ううえでのカギかとも思われましたが、水曜日にはあっさり反発!中々とらえどころのない相場です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型肺炎ウィルス関連

おはようござます 為替 今週は、新型肺炎コロナウィルスの影響もあり、ドル円が108円台におしもどされ、ユーロも120円を割れて開始されました。 しかしドルは意外と粘っており中盤にかけて109~108円台での攻防を続けておりました。 しかし、気になるのは豪ドル!!スルスル~と下落しており、ユーロ、ポンド以上に下落してし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シフトチェンジ

おはようございます 為替 今週の為替は、ドル円が110円突破後の上抜けできるかどうかが、最大の焦点となりました。 結果、110円後の壁も非常に厚く、ドルが完全にぬけきっていくといった状況にはなりませんでした。 また、ポンドも方向感がなく、市場も迷っているような感じがいたします。とりあえず、ある程度の下落耐えられるシフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオに見る世界経済

おはようございます 為替 週初めの為替は、米国による中国に対する為替操作国への指定解除の情報に為替はリスクオンの状態に! ドル円も110円は先日来超えられなかった110円台の壁に再トライする状況で始まりました。 しかしクロス円は各国の事情により、対ドルでの値幅に影響されまちまちの状態、豪ドルやユーロは若干の上昇で、ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラン問題

おはようございます 為替 今週の為替は、アメリカによるイラン軍司令官殺害事件による余波で、乱高下いたしました。 ドル円も110円をタッチするかに思えたところからの反転現在107.9円となっております。目標下値は106円を軸にスタンスを構成しなおしております。 ポンドはさらに147円からの140円台ぎりと、総選挙での挽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年第一回

おはようございます 為替 今週の為替は、昨年の激動の鬼下落と打って変わってほぼほぼ動移なしで終始いたしました。(本当に市場は開いているのか?) その中ではありますが、豪ドルが若干弱かったかに感じました。(私にとってはちょっとがっかり・・・・) 今年はドル円の価格が大幅な変動が予想されておりますので、ポジションどりの変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年の目標!!

あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします 本日は急遽臨時でアップいたしました (なぜなら飲んでいるからです) 毎年、新年に向けた目標設定をしているのですが、今年はその一部を公開いたします 1投資関連    a.中国株への投資割合の増加       昨年3社→4社 2ブログ関連 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス総選挙

おはようございます 為替 今週の為替は、先々週までの様々なイベントをのりこなした後の上昇相場になるかと思いきやなかなか、一方向にズバ~とは変動いたしておりません。なんともかんとも消化不良な気分でいっぱいです。特に中米経済紛争のひと時の合意などは、豪ドルへの好材料になるかに見えたのですが市場インパクトは薄々なのかほとんど動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国総選挙

おはようございます 為替 今週の為替は、先週の雇用統計の結果を受け、円安に上昇!!・・・・と言いたいところですが、あまり為替の変動がない結果になっております。 またFOMCにても「今後の利下げは当分行わない」とのコメントで、サプライズのないコメントで市場での影響は少なかったかに思えます。 そして、英国総選挙ですが、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more