しらんけど(SHIRANKEDOOOO♪)

おはようございます


為替

今週の為替も狭いレンジでの取引に終始した一週間でした。
この状況はしばらく続いておりますが、そろそろ動いてもらわないと困るというい方も多いのかもしれません。
個人的には、世界の景況感が停滞する中で、中国や資源価格に左右されがちな豪ドルが現在の価格を維持していることに驚いている状況です。
今後の豪ドルの勢いによってはロングへのポジション変更も検討していこうかと思っております。
あと今後の注目点はアメリカ大統領選です!
最近のトレンドはトランプ包囲網ですが、雰囲気はトランプ退場待望論で充満しております。
個人的にもグローバリストのバイデンのほうが世界は落ち着いていいなあ~と思っておりますが、一方ではエセナショナリストのトランプとどっこいどっこいのような気もしておりそれほど夢の持ている世界には残念ながらならないのではと言う気持ちもございます。
まあ投資家目線では民主党、日本国の未来を考えるとペンス副大統領かマティス元国防長官といったところでしょうか。(まあ、可能性ないけど・・・・)




今週の株式は、やはり一旦の休憩といいますか、なだらかな下落基調が続いております。

会社四季報が出てきましたので、今年度の収益見通しをチェックしていたのですが、日産が今期も利益が出ず赤字予測との事・・・・・・。
まあ、とりわけ各社とも今年度利益額は対前年比でマイナスにはなるのですが、日産はちょっとひどいですねえ~~~~。
技術の日産!!ともてはやされていましたが、収益構造に問題があったのでしょうか?ゴーン問題だけでこれだけこけるとは思いもよりませんでした。
この内容をみていると、ゴーン問題以前より本当に収益が出ていたのか勘繰りたくなります。
来年度は黒字をみこしているようですが、そもそもそこまで会社が存続できるのでしょうか?
もう少し分析していきたいと思っております~~。
また、投資分野の拡大も考えており、ここ数十年のトレンドをつかむであろう分野を探しております。
現在は、金融・自動車・航空・アメニティー・資源・保険・不動産に投資しておりますが、もう少し時代にあった分野を見つけていけたほうが収益効率がのびるのになあ~と思案しております。
しかし、これには問題があり現在もてはやされているものであっても、一過性のものではいけません。
(例えば、ビットコインや太陽光発電等)
少なくとも、10数年間は伸びる産業が安定した収益を生み出す源泉となるのですから。
私は、ここ最近保険分野への投資を開始いたしました。
これは、保険業界が人口が安定的に増加していく社会の中で、人が最も重要視していく生命の保全を対象としている分野だからです。
私は試験的に中国の保険関連の企業への投資を開始いたしました。(社会主義の国で保険とは意味が分かりませんが・・・・・)
今後も適度な数ではありますが新規分野の開拓を進めていこうと思います~。

その他

ソウル市長の謎の失踪・死亡事件はこの国の闇を強く印象付けるものとなりました。
今のところは、市長のセクハラ疑惑による自殺との路線が急浮上しておりますが、まあなんといいますか・・・・左翼系闘志がそんなもので自殺するとも思えません(タマネギ王子の例でも)。
たとえハニートラップの要因があったとしても死に至る結果を導き出すのは安易すぎると思えます。
そこで次に出てくるのは政権側が推し進めている制限区域における不動産開発への対立が要因ではないかとの意見です。
もう、これは利権・お金のにおいがプンプンしてきます。
左翼系にしろ右翼系にしろ人生の成功者たちはお金にまみれていくのは世の理です。
そしてそれは、死に至る病でもあります。
これは個人にとっても、政権にとってもです。
とりわけ、国民の「憎悪」や「ねたみ」から奪い取った「権力」への支持熱の冷めやすさは、驚くほど速い!!事が歴史から見ても伺い知れます。
世論から見放された権力の瓦解は驚くほど速いと歴史が物語っております。
今回の事案が左右どちら側から起因したものなのか、はたまた個人的な腐敗から生み出されたものなのか今のところわかりませんが、後の世になってから振り返ってみると大きなターニングポイントになったと言ってしまうことは、もう少し後になってから見つめ名をす必要はあるかもしれません。
彼の国が今後どんな歩みをたどるのか?を自らの良い教訓として我々もみていけたらいいのかもしれません。
まあ、しらんけど(SHIRANKEDOOOO♪)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント