続!コロナパニック後の日本

おはようございます


為替

今週の相場は、円高?むしろドル安・ユーロ安が進んだ感じがいたします。
ドルが、106円台に上昇、ユーロもこれに合わせてクロス円では115円台に突入いたしました。(私の記憶では数年ぶりだったかと・・・・)
この流れは、原油安に大きく影響されたものだと思われますので、しばらくは続くかもしれません。




株価は、このパニックの中不思議と上昇を続けています。
不思議というか、日銀が買っているのでしょう。もはやこの国は、資本主義のくにでなく、国家が企業を経営していく社会主義の国になってしまいました。(冗談)
個人的には、自分の保有している企業の今年度の業績を見守りつつ、次の投資チャンスを狙っていこうかと思っております。
ただ気がかりは、原油・・・・です。原油はかなりきつい局面に陥りつつあります。
今週の半ばに10ドル台圏内に下落!もう、原油掘ってももうからないレベルです。


その他

前回投稿できなかった記事を掲載いたします。
今回は近視眼的な考察を記してみたいと思います。
近視眼的な世界で分析するとまた違った未来が待っています。まず社会に対応できない人々はさらなる困窮化の未来が徐々にではありますが確実に訪れると考えられます。
ホワイトカラーの人々はその給与と見合った労働が認められずに、その職にとどまることができなくなってしまいます。
そして、一度ドロップアウトした中年以上の労働者は、否応なく新たなスキルの習得を目指すか、数少ない単純労働者になるかの選択を迫られるのです。
新たなスキルの習得といっても、その競争相手は若者です。
個人差はあるでしょうが、平均的に彼らと争ってその人気の職種を勝ち取ることは難しいと言わざるを得ません。
また、単純労働にしてもAI、自動化しつつある社会において、自分たちがそれほど簡単に職種を選べるものであろうはずもなく、必然的に機械がこなすことが難しい複雑なものか又は自動化を拒む(人は搾取するものだと考えている)ブラックな企業に偏りがちになると考えられます。
結果、彼らは次第に社会的給付によって生活を維持せざるを得なくなるポジションに追い込まれていくのです。

前回の歴史的な考察も含めて総じて明るい未来がまっている気がしないような気にもなってきますが、これは、一考察にしかすぎません。
人は明るい未来を待ち望んでいるし、それを共有したくなる生き物です。
そんな明るい未来を願いつつ、今回は終了とさせていただきます。




Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】
Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント