パニックの本質

こんばんは


為替

今週の相場は、一旦のドル高から一転111円→107円と円高、ドル安相場に転換されたことがハッキリしたところから始まりました。
やはりドルキャッシュのだぶつきが見られる状況になっているようです。
ただ、その後この動きは遅々として進まず、いわゆるレンジ相場に突入した感がいなめません。
また、週の後半には、アメリカのトランプ大統領の声明の中で、オイル減産問題においてロシアとサウジとの協調した行動をとるとの発表もあり市場には一定の安堵感もでてきております。




3月の権利確定後の売りの時期だったのか、先週の金曜日は本邦の株価が上昇し、NYダウが下落して終了いたしました。
次いで月曜日には若干の反発がありましたが、実質上もみ合い状況といっていいと思います。
しかし、あまりにもきつい下落が続いたこともあり、個人的には現在の相場でさらなる投資と向かっていけないのが現状です。


その他

私は、子供のころ社会の教科書でオイルショックについての話を授業で受けた記憶があります。
あの頃は、スーパーで長蛇の列をつくりトイレットペーパーを買い求める群衆の姿を教科書の写真で眺めながら、子供ながらに少し滑稽に感じていました。(スンマセン<(_ _)>)
何故かというと、オイルの高騰とトイレットペーパーの供給不足にはほとんど関係のないものであり、このように群衆はすぐにデマや噂に恐怖して、パニックを起こしていると教えられたからです。
しかし、どうでしょう。
今度はマスクです!!
しかも今度は、高値で売ることを目的とした買い占め屋の存在も・・・・・。(10倍ぐらいで取引していた形跡も)
そして、マスクを買い求める自分の姿も・・・・。
人間の心理はなんともかんともコントロールできないものですねえ~
オイルショックによって既に経験していたことは、なんの歯止めにもならなかったといわざるを得ません。

人は自分が安全な場所にいるとパニックを起こすものを軽薄し、自分がそのただ中にいると必死にその恐怖を解消しようと行動することをとめられない・・・
では何故恐怖を感じるのでしょうか?
それは、それが何者なのかわからない事への恐怖です
得体のしれない目に見えないウィルスが次々と感染を引き起こし、人々を死に至らしめるといった漠然とした危機感が人々を恐怖におとしめているのではないでしょうか?
今回のパニック状況の改善には、その恐怖の対象の正確な実態をより広く電波することなのかもしれません。




Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】
Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント