道徳と正義と心の狭間

おはようございます


為替


今週日曜日の投票結果でトルコ主要都市首長の再選挙は、前回と同様に野党候補が勝利いたしました。
少し安堵いたしましたが結果が覆っていると、リラの国際的信用をさらに落とすこととなっており、今後も心配の要素ではあります。
今週もイラン問題が継続しております。イランへの攻撃を一時アメリカのトランプが承認したとのこと・・・・・中々リアルに戦争の足音が近づいているようです。
ドルは107円台中盤とじりじりと円高への方向感のようですが、円の信用も少しづつ揺らいでいるので、このまま100円をきることはないと信じておりますが・・・・。




本邦株価はのきなみパッとしません。このまま価格が切り下がってゆくのではと心配です。
好調なのは資源関連で、それも中国以外のロシアとブラジルです。
ガスプロムが200ルーブルを超えておりますが、反対に(原油高騰で下落する)アエロフロートの株価が底値付近(個人的感想)から動きません。
まあ、昨年の赤字決算を見ていると妥当な価格かなあ~とは思いますが・・・・・。


その他

最近、よく週刊文集などのゴシップ系雑誌によってつぶされていく芸能人やスポーツマン、識者(表現がちょっと違いますが・・・)をよく見ます。
彼らは、(皆さんはどうか知りませんが)確実に私より才能や運をお持ちの方々です。
そういった方々が、不倫や独自(やみ????)営業でつぶされていく様をみていると、もの悲しさを感じずにはおられません。
不倫は刑事事件ではありませんし、独自営業(吉本は芸人と独占契約をされていないとの事)も法律違反ではありません。
また、反社会性力といっても、現在の法律でも「善良な第三者」を裁くことは、不合理だと考えます。
では、何故雑誌側は、「悪意ある選択」をした上で彼らを正義や道徳の名の下に「たたく」のでしょうか?
それは、恐らくそれを求める(生身の又は政治的動機等をもった)人々が多くこの世の中に存在しているからだと思います。
その現象は、恐らく今の日本では止む事はないでしょう
ただ、個人はそれを望まないことはできます。
あたなは、どうでしょうか?
自分よりほんの少し成功した人が、足を踏み外しておぼれかけているのを見て平然と笑っていられるでしょうか?

文章がツイッターつたないので、もっと代弁してくれている文章を紹介いたします

「西野さんのブログです」


https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12486492349.html


画像は明治村にあった教会です

画像

Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】
Dead by Daylight 公式日本版 -Switch 【CEROレーティング「Z」】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0